人気ブログランキング |

ミュージシャンが来た日

 ショーの翌日は、1日予定を入れないようにしています。
前夜の余韻が残るうちに、ワークショップの経過で起きたこと、感じたことを整理するのに静かな時間が必要だからです。

 昨日は念願の、自宅での上演実験でした。古いお付き合いの先輩たち、初対面の方混合で総勢11名が参加。ミュージシャンが二人、一人からは写真をご提供いただき、台詞のリーディングに新しい要素を加えてみようという試みをしました。シーン構成は下記のように出来上がり。

<一幕>夕暮れのミシシッピ川、アーサーとハーサ、川と空の写真とともに。
<三幕一場>嵐の迫るガーデンパーティー、ヘヴンリィを取り合うディックとアーサー、やんちゃなギター添え。 
<三幕三場>ライラとアーサーからラスト(ロマンチック版)へ、ピアノとともにしっとりと。

これをいつも暮らしているリビンルームでやろうというのですから、国立本店の白い空間と比べて目と耳から入ってくる情報が格段に多い。それらを掌握できて、初めて読むお客様への気配りもできて、となるには役者たちにはもう少し度量が必要なようです。
しかし、「言葉」を扱う役者にとって、音楽には特に憧れがあって、生演奏で一緒にシーンを作っていただけるというのは至極の幸福なのです。それで昨日は皆わくわくし通しでした。

 ショーが終わった後は、待ってましたとばかりお酒をと食事で賑やかに、延々夜中まで。興に乗って、テネシーエクスプレスのメンバーは一昨年公演した"The Long Good-bye"の抜粋を読み、ギターの佐野さんにあの名曲を奏でていただくという場面もありました。あんなふうに、シーンをやっては飲む、やっては飲むという遊び、一晩中でも飽きません。


★参加した方より素敵なお写真いただいたので、珍しく掲載します。
a0237286_12432563.jpg
by tnexpress | 2013-06-30 12:04 | ワークショップ記録


<< 2013年9月アメリカ Voice is life, ... >>