カテゴリ:作品について( 2 )

お客様より

2012年が明けましたね。みなさまはどようなお正月をお過ごしでしたでしょうか。
公演も終わりほっとして、私は岩手の実家と、仙台の温泉や友人のところを訪ねる短い旅行をしてきました。

さてその間に、THE LONG GOOD-BYEを見てくださった詩人・俳人・文芸評論家の生野毅様から劇評を頂戴いたしました。過分なお言葉、たいへん恐縮ですが、ご本人様からぜひというご希望もありましたので、全文掲載させていただきます。どうもありがとうございます。

<生野毅様からのご批評文>
 私がテネシー・ウィリアムズの世界に強い感銘を受けたのは、元々彼の映画化作品によって、でありました。
マーロン・ブランド、ヴィヴィアン・リー主演の『欲望という名の電車』、ポール・ニューマン主演の『熱いトタン屋根の上の猫』、それから、やや記憶ちがいがあるかもしれませんが、ロバート・レッドフォード、ジェーン・フォンダ主演の(監督はシドニー・ポラック?)の『雨のニューオリンズ』等々…。とりわけ、『欲望という名の電車』は、『エデンの東』と同じエリア・カザン監督、ヒロイン役が『風と共に去りぬ』と同じヴィヴィアン・リーとは思えない陰惨な展開に、少年だった私はすこぶる衝撃を受けたものでした。
 それから、新潮文庫のテネシー・ウィリアムズ作品集をポツリポツリと読んだりしながら、彼の戯曲のセリフや構成の鋭い才気、しかしその才気はそれに触れた読む者観る者の胸を切なく深く抉るのだ、という印象を持ってゆきました…。
 それ故、テネシー・ウィリアムズの芝居の上演を生で観ることが永年の夢だったのですが、テレビ中継されたものを観たりしたものを除いては、何故かその機会に恵まれず、恥ずかしながら、そしてたいへんうれしいことに、この度のTennessee Expressの上演が、初めての機会なのでした…。  
(続きは、下記の"More" をクリック)

More
by tnexpress | 2012-01-09 18:54 | 作品について

"The Long Good-bye"

 1作目として現在取り組んでいる作品は、"The Long Good-bye"です。
 一人の青年が、20数年家族と住んだアパートを引き払うまでの最後の約1時間の物語。
家具がひとつずつ運び出されるごとに、家族との思い出が回想として描かれます。
当たり前だと思っていたものがなくなった時にかえって際立つ「存在感」って、ありませんか。

 津波で何もかも流された跡で、人々ががれきをかき分けながら探し求めたのは、アルバムや家族の思い出の品でした。家族がそこに存在した証し、それがほとんど命の次に重要なものだということに衝撃を覚えたとき、 "The Long Good-bye" ならそんな気持ちに寄り添えると思いました。 

 家族構成が「ガラスの動物園」とよく似ているため、比較しながら読んでいます。
若き日のテネシーの感情を追体験するような味わい深い作品です。
by tnexpress | 2011-09-03 15:16 | 作品について