人気ブログランキング |

<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

写真のワークショップ

最近ブログの更新も連絡もなく、あいつは何をしているのだろう?と、思ってくれている人も、気にしていない人もいるでしょうが、このところ、やってみたい作品の案を2つ同時に考えていて、キックできるまでもう少し時間をください。

どうも私の関心は、演劇というより急速にドキュメンタリーに動いているようです。フィクションを本物らしく見せる努力の代わりに、フィクションを介してあぶり出される私たちの現実の方にフォーカスしたいのです。もしかしたらこのアプローチは写真や音楽の作られ方の方が近い気がして、今日はとある写真のワークショップを見学させていただきました。

先生を囲んでお弟子さんが10名ほど集まり、ひとり分ずつ作品を並べては、互いに質問や批評を出し合って行きます。「なぜその対象を選ぶのか」、「何を見せたい(伝えたい)のか」、「どうやって撮ったのか」、大きくはこの3点で、特に最初の2つが肝心のようです。
そして、彼らも結構フィクションをやっているのだ!というのが大きな発見でした。文字からして「真を写す」という先入観を持っていたのですが、それは少し違いました。撮影する時と、人に見せるために再構成する時、そこに作者の意志がしっかり込められているべきだいうことを、先生は何度も指導されていました。その作業を一人で全部やらなければならない厳しさも感じました。

分業が明確な演劇の方が、割と逃げ道があるかもしれません。脚本に書いてない、演出の方向性が不明確、役者が下手だ、等々、文句を言いやすい構造なのです。今日のようなワークショップ、私もやってみようかと思います。各自が自分の読みたい作品やシーンを持ってきて、実演してみせて、参加者からフィードバックしてもらう。「なぜそれを選んだか」「何を見せたいのか」それを問いかけるだけで、私たちのグループの今が見えてくるかもしれない。

次の週末には、写真関係の仕事をしているまた別の知人と、瀬戸内海に浮かぶ現代アートの島、直島へ旅行します。共通の目的と、それぞれの関心を抱いて、さらに脳みそをシャッフルすることになるでしょう。
by tnexpress | 2012-02-26 02:11 | 道草

遅めの新年会

先週末、12月の公演に参加したメンバーで新年会を開きました。
池ノ上にある馴染みのお店で11人、大きめのちゃぶ台ひとつ囲んで、きりたんぽ鍋です。
どこか親戚の集まりのようで、たった1ヶ月ぶりなのに懐かしい気持ちになりました。

お酒も進んで皆声が大きくなってきたころに、いつの間にか私の演出のはなしになっていました。
「けいとさんは待ち過ぎる。」
「優しい演出だよ」
「自信ないんじゃないすか」
「もっと直接、ずばっと言ってもいいのに」
「それは下品だよ、けいとさんは上品なのよ」
「こういう作品だよ、というのをもっと早く決めてさ、、、」
「そんなの一人で決められたら、それで終わっちゃって、面白くないじゃない」
「演出は、だいたい最後まで決めたくないもんなんだよ」

自分のお葬式をさまよう魂は、こういう感じで人の話を結構可笑しがっているかもしれません。私は口を挟む間もなく、少し照れながら聞いていました。自覚のあることも、ないこともありました。

慎重で、忍耐強いのは、もともとの性格ではあります。
しかし観察眼は鋭利らしく、何気ない発言で相手に向こう傷を追わせるとか、また若い時には自分と同じ熱意とかスピードを周りに要求したことでの失敗が結構多かったので、特に稽古場ではそうならないようにとても気をつけているのも確かです。一番反省するのは、「言い過ぎてしまった日」です。よほど時間がない時は別として、相手の聞く準備ができている時だけ言うようにしたいのです。

エリア•カザンが、「舞台上で演出から怒鳴られることに快感を覚える役者が多くて困る。」と書いていたのを読んで吹き出したことがありました。私が演者の時にはあまり言われるのが好きではないのですが、そういえば、逆の人の方が多いかもしれない。

ひとつ、うすうす気付いていることがあります。社会の動きが、ヒエラルキーとか分業で合目的的に仕事の効率を上げてきた時代から、マルチタレントの個々人が自由に結びついてコトを起こして行く時代に急速に動いている中で、「演出」とか「役者」とかで役割をくくってあるべき論を語っていてもダメだということです。

私は企画の言いだしっぺでありながら、翻訳もシーン作りもその他の表現効果も、参加者が全員で持ち寄って練り上げて行く作り方を目指したい。Tennessee Expressはワークショップ、作業場になりたいのです。これが、季節はずれですが年頭の目標です。

発表を終えて、宿題が残ったのは良いことです。また戻って作業を続けていいんだなと思えます。これからしばらくは人に会う時間を作り、作業場に戻るのは少しゆっくりめに3月頃を考えています。
今年もよろしくお願いします!
by tnexpress | 2012-02-05 01:02 | 道草