人気ブログランキング |

<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

エレベーター

このところ完全に仕事に「ハマって」いる。
疲れたので木曜は1日自宅での仕事に切り替えたが、いずれにしろ遠くにいる同僚たちとメールや電話で仕事をするので、トラブルは容赦なくやってる。夕方からパリと上海でバトルが始まり、夜に入って今度はアメリカとブラジル相手に手のかかる調整ごとが押し寄せて、夜中の2時でその日は止めた。床についても胃と背骨あたりの興奮がおさまらず、なかなか寝付けない。

翌朝も、前夜からの継続モードで出勤した。するとオフィスへ上がるエレベータに、最近私と同郷とわかったSさんも乗ってきた。

「明日から2日、盛岡に行くんですよ。兄の結婚式があって。」

という。会場を聞くと、駅の近くにあるホテルだ。

「いい場所だね。目の前に北上川が流れてて、そこから岩手山も見える。。。」

川の向こうは材木町だ。橋を渡ったいろいろな季節の色がよみがえってくる。情景、といのはきっとこういうことをいうのだろう。風景と記憶の重なり。

「盛岡の話をしたら、帰りたくなっちゃっった」

朝の会社のエレベータには不似合いな言葉が口をついた瞬間、涙がにじむ。
自分の階に来たので、じゃ、と言って急いで降りた。
大仕事と格闘している時、故郷の記憶は一層のどかになりる。しばらくは無理だけど、一段落ついたら帰ろうと思う場所。

席に着くと、社内報が配られていた。震災特集、表紙には被災地の子供がにっこり笑った写真の横に、「将来は日本中の人の勉強に役立つ教材を作りたい」という見出しが入っている。

嗚呼。

故郷の風景が消失してしまった人たちは、
生きている間はもう帰れないと宣告された人たちは、
今どんな気持ちでいるのだろう。
by tnexpress | 2012-03-17 11:11 | 道草

瀬戸内海の島へ

先週休暇を取って、瀬戸内海の島へ旅をしました。

あの辺りでは最近20年の間に現代アートのプロジェクトが新興し、
大自然の中に新種の遺跡を発見するような楽しみ方で諸島を巡ることができます。
直島では安藤忠雄さんの建築やアート作品を満喫し、そこから犬島、豊島へ渡りました。
普通の美術館では、作品はいろいろなところから収集されて展示されます。
しかし今の瀬戸内では、アーティストが島に滞在してその場所で想起した作品を作っています。
だから作品がその場に存在する意味は直感的に伝わってくるし、ちょっと意外なものとのコントラストによって自然の美しさが際立って見えます。非日常を放り込んで日常の価値を悟る、これがアートの役割なんだな、というところまで本当に素直に腑に落ちる場所です。
直島アートサイト

もうひとつ面白いのは、町中に点在するアート作品のガイドさんが、地元のおじいちゃん、おばあちゃんだということです。彼らはアーティストから直接聞いた話をすっかり自分のものにして、お客さんに伝えてくれます。ちぐはぐさを超えて、作品がレベルアップしていく印象を受けます。彼らの全身からあふれる労働と暮らしのリアリティ、その後ろにある大自然、対話のきっかけを生み出すアート。
これからどんなことをやって行きたいのか、考えを深める要素をたくさん得られたように思います。
うまく言葉になりませんが、とても刺激的な旅でした。
by tnexpress | 2012-03-09 00:28 | 道草