人気ブログランキング |

<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

SPRING STORM Vol.1

 前回の日曜日から SPRING STORM という新作を読み始めました。テネシーの処女長編戯曲、1937年の作品です。参加は9名。楽しくて久しぶりに興奮し、家に戻ったら運動した後みたいに筋肉の温度が上がっていました。

 何が楽しいって、物語の展開や登場人物の情報を、皆でひとつひとつ発見していくことです。今回は全体を3回に分けて読む計画で、脚本はあえて毎回読む会の分だけ当日お渡しすることにしました。つまり予習なし、初見で読む。私は固有名詞や時代背景でわかりにくいところだけ解説を入れるようにして、あとは全員で輪読です。数頁読んだら感想を話し合い、つかんだ情報を確認して、次に進む。

 最初は慣れない感じもあったものの、設定や人物のイメージがわかってくると、皆さんの集中力は加速度的に上がり、比較的長い台詞回しから随所に飛び出す意外な展開に、笑ったり、驚いたり、ほっとしたり。

 自分のペースで没頭できる翻訳作業と、人と一緒に声を出して読む作業、どちらも違った楽しみがありますが、やっぱり皆で読むのはパワフルな体験です。次回が待ち遠しい!
by tnexpress | 2012-10-25 23:29 | ワークショップ記録

TRIBES

今日はニューヨークのBarrow Street Theatre で、"TRIBES" というお芝居を観た。
200人くらいの観客が会場中央のセットの四方を囲んで座る、臨場感のある環境。

主人公のビリーは聴覚障がい者だが、健常者の家族は手話の使用を許さない方針で彼を育ててきた。シルビアは聴覚障がいのを両親を持つ手話の通訳者、自分も徐々に聴覚を失いつつあることを自覚している。この二人が出会って恋に落ちる。ビリーには新しい世界が開かれ急速に自立意識が芽生えるのが、シルビアは音が全く聞こえない世界が日々近づいてくることに恐怖を募らせる。

素晴らしい脚本で、そして自分の障がいと戦わなくてはならない境遇に生まれた悲しみと怒りを体現した二人の俳優(Russell Harvard, Susannah Flood) にも胸を打たれた。人の感情と言語の結びつきについて、核心をついた見せ場がたくさんあって、観客は何度も「あぁー」と声を上げていた。

「"LOVE" という言葉を知らないで、どうして "愛している" ということがわかるの?」
「言葉がなくたって、感情は表現できるわ」

そして手話で、様々な感情を豊かに表現するシルビアを見て、私たちはそれがバカな質問だったことに気付くのだ。意思伝達は言葉でするものという思い込み、言葉が先にあってそこに感情が分類されていくような思い込みを、していないだろうか。本当は逆だ。

その証拠に、英語使用者たちがもっとも根源的なフレーズと信じている I love you にあたる言葉は、日本語にはない。愛情はあるけれども、それは根源的すぎて言葉にならないのが日本語なのだ。特に、しゃべらせないといけない脚本の翻訳では一番困る部分である。

これはほんの一例で、本当にいろんな大事なことを考えさせてもらった。何度かじっくり見てみたい作品だ。

公演情報はこちら : TRIBES
by tnexpress | 2012-10-06 13:07 | 観劇ノート