人気ブログランキング |

<   2013年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2013年9月アメリカ

驚き。気が付けば夏の3ヶ月が終わり、急に寒くなってしまいました。
遅ればせながら、9月のアメリカ旅行の収穫について駆け足でレポートします。

今回は、ニューヨーク(東)→ ニューオリンズ(南)→ オレゴン州アッシュランド(西)と大三角形を描く移動でした。テネシー作品は合計3本見ることができました。

ニューヨークでは。
ガラスの動物園
劇評の5つ星に文句なしです。こういうふうに観たかったという、脚本から漂う繊細さ、現実と夢の間のような浮遊した空間が目の前に存在していました。4人の役者一人一人が素晴らしく、音楽も灯りも含めて理想的な完成度でした。ホテルまで涙目で歩いて帰りました。

Two Character Play
晩年の作品で非常に難解です。俳優の兄妹が、地方を巡演中に劇団員に逃げられて2人で本番をやらざるを得ないという窮地に立ったところから始まります。観客はすでに入場してきて、2人は幕の裏で右往左往。よく私達が本番前にうなされる悪夢のような設定ですが、冷めない悪夢なのでつらい。老練な俳優の見事な2人芝居でした。

その後のニューオリンズは、作家の住んだ家(転々としていたと言った方がよい?)を探して歩いたり、図書館で貴重なコレクション(書簡や初演の脚本、各種論文など)を探したり、素敵な文学書店に通ったりと、文学旅行を満喫しました。

最後のアッシュランドは、演劇が好きな方には一度は訪ねてほしい場所です。毎年春〜秋に「シェイクスピアフェスティバル」が開催されており、2万人の小さな町に年間40〜50万人の観客が押し寄せています。上演作品、劇場の運営システム、町の環境、食事、人々などすべてが期待以上で、必ずまた行こうと思っています。

ここで観たのは、
欲望という名の電車
やっぱりかわいそうなブランチ。普通の芝居1本みたくらいエネルギーが必要な場面が3つも4つもあるので、本当に切なくなります。それにしても、これはアメリカでは本当に人気のある、上演頻度の高い演目なんだな、ということをお客さんたちの会話から感じました。ブランチの役をできる女優さんがいつもそんなにたくさんいるというのが、ただただすごいことです。

•••つくづく英語で見る方がいいな、と。翻訳に何ができるのかな、と。原点的質問にふと立ち返るに至った旅行でした。なんとかあの雰囲気を伝えたいですが、まだまだ修行です。
by tnexpress | 2013-10-21 10:12 | 観劇ノート