遅めの新年会

先週末、12月の公演に参加したメンバーで新年会を開きました。
池ノ上にある馴染みのお店で11人、大きめのちゃぶ台ひとつ囲んで、きりたんぽ鍋です。
どこか親戚の集まりのようで、たった1ヶ月ぶりなのに懐かしい気持ちになりました。

お酒も進んで皆声が大きくなってきたころに、いつの間にか私の演出のはなしになっていました。
「けいとさんは待ち過ぎる。」
「優しい演出だよ」
「自信ないんじゃないすか」
「もっと直接、ずばっと言ってもいいのに」
「それは下品だよ、けいとさんは上品なのよ」
「こういう作品だよ、というのをもっと早く決めてさ、、、」
「そんなの一人で決められたら、それで終わっちゃって、面白くないじゃない」
「演出は、だいたい最後まで決めたくないもんなんだよ」

自分のお葬式をさまよう魂は、こういう感じで人の話を結構可笑しがっているかもしれません。私は口を挟む間もなく、少し照れながら聞いていました。自覚のあることも、ないこともありました。

慎重で、忍耐強いのは、もともとの性格ではあります。
しかし観察眼は鋭利らしく、何気ない発言で相手に向こう傷を追わせるとか、また若い時には自分と同じ熱意とかスピードを周りに要求したことでの失敗が結構多かったので、特に稽古場ではそうならないようにとても気をつけているのも確かです。一番反省するのは、「言い過ぎてしまった日」です。よほど時間がない時は別として、相手の聞く準備ができている時だけ言うようにしたいのです。

エリア•カザンが、「舞台上で演出から怒鳴られることに快感を覚える役者が多くて困る。」と書いていたのを読んで吹き出したことがありました。私が演者の時にはあまり言われるのが好きではないのですが、そういえば、逆の人の方が多いかもしれない。

ひとつ、うすうす気付いていることがあります。社会の動きが、ヒエラルキーとか分業で合目的的に仕事の効率を上げてきた時代から、マルチタレントの個々人が自由に結びついてコトを起こして行く時代に急速に動いている中で、「演出」とか「役者」とかで役割をくくってあるべき論を語っていてもダメだということです。

私は企画の言いだしっぺでありながら、翻訳もシーン作りもその他の表現効果も、参加者が全員で持ち寄って練り上げて行く作り方を目指したい。Tennessee Expressはワークショップ、作業場になりたいのです。これが、季節はずれですが年頭の目標です。

発表を終えて、宿題が残ったのは良いことです。また戻って作業を続けていいんだなと思えます。これからしばらくは人に会う時間を作り、作業場に戻るのは少しゆっくりめに3月頃を考えています。
今年もよろしくお願いします!
# by tnexpress | 2012-02-05 01:02 | 道草

お客様より

2012年が明けましたね。みなさまはどようなお正月をお過ごしでしたでしょうか。
公演も終わりほっとして、私は岩手の実家と、仙台の温泉や友人のところを訪ねる短い旅行をしてきました。

さてその間に、THE LONG GOOD-BYEを見てくださった詩人・俳人・文芸評論家の生野毅様から劇評を頂戴いたしました。過分なお言葉、たいへん恐縮ですが、ご本人様からぜひというご希望もありましたので、全文掲載させていただきます。どうもありがとうございます。

<生野毅様からのご批評文>
 私がテネシー・ウィリアムズの世界に強い感銘を受けたのは、元々彼の映画化作品によって、でありました。
マーロン・ブランド、ヴィヴィアン・リー主演の『欲望という名の電車』、ポール・ニューマン主演の『熱いトタン屋根の上の猫』、それから、やや記憶ちがいがあるかもしれませんが、ロバート・レッドフォード、ジェーン・フォンダ主演の(監督はシドニー・ポラック?)の『雨のニューオリンズ』等々…。とりわけ、『欲望という名の電車』は、『エデンの東』と同じエリア・カザン監督、ヒロイン役が『風と共に去りぬ』と同じヴィヴィアン・リーとは思えない陰惨な展開に、少年だった私はすこぶる衝撃を受けたものでした。
 それから、新潮文庫のテネシー・ウィリアムズ作品集をポツリポツリと読んだりしながら、彼の戯曲のセリフや構成の鋭い才気、しかしその才気はそれに触れた読む者観る者の胸を切なく深く抉るのだ、という印象を持ってゆきました…。
 それ故、テネシー・ウィリアムズの芝居の上演を生で観ることが永年の夢だったのですが、テレビ中継されたものを観たりしたものを除いては、何故かその機会に恵まれず、恥ずかしながら、そしてたいへんうれしいことに、この度のTennessee Expressの上演が、初めての機会なのでした…。  
(続きは、下記の"More" をクリック)

More
# by tnexpress | 2012-01-09 18:54 | 作品について

12月公演終了しました

THE LONG GOOD-BYEの4日間の公演がすべて終了しました。
ご来場いただいた皆様、参加•協力くださった皆様、どうもありがとうございました。

会場のギャラリーマキはマンションの一室を使ったスペースで、とある家族のリビングルームのみで展開する今回の物語がしっくりはまりました。観客も一緒に舞台上にいるような環境で、たくさんの方が作品を「体験した」という感想を述べてくださいました。また、家族の誰かを思い出した、自分のことを言われているようだ、という感想も多くありました。テネシーが描く人物たちに、国や時代を超えた人間の本質があることが少しでも伝わったのであれば嬉しいです。

制作過程も毎日が勉強でしたが、本番に入ってからもさらにそうで、特に親しい方からの率直な感想からわかったことは、
•演出で注力した点はよく伝わり、
•考えて取捨選択したことは賛否両論別れ、
•無意識だった点は、不足を指摘される、
ということです。ここまでよく見えてしまうというのは、怖いとともに、身が引き締まります。今後作品を作る度に深い目配りができるようになりたいと思います。

公演が終わって少したって、あるメンバーからメッセージが届きました。
「終わってホッとしていますが、なんだか寂しい。心にポッカリ穴が空いたようです。」
初心を思い出します。この感覚を一度味わうと、やめられなくなるのですよね。
参加者にも楽しんでもらえたプロジェクトだったことを、一歩遅れて実感した瞬間でした。

今回の公演は小さな一歩、地道に次の一歩を組み立ててまりいます。今後もご支援よろしくお願いします!

a0237286_21028.jpg
# by tnexpress | 2011-12-28 01:54 | ワークショップ記録

第2ラウンド

12月16日に幕を開けた "THE LONG GOOD-BYE"。
テムズ川のような隅田川のほとり、20名で満杯になる会場で、ひそかなデビューを果たしました。
演者と観客が近すぎて、もうどちらが見られているのかわからない状態です。そんな中で役者たちの集中力にも磨きがかかり、ここちよい親密度の中で作品を上演することができました。終演後にはほとんどの方が会場に残ってしばし語り合ってくださり、その反応の熱さにも何やら予想以上の手応えを感じました。テネシーの奥深さについての感想が多く、嬉しい限りです。
ご来場いただいた皆様、心よりありがとうございます。

さて、23日(金)、24日(土)は公演の第2ラウンドです。また、先週とは違う挑戦が待っています。
•••わくわくします。
# by tnexpress | 2011-12-23 01:44 | ワークショップ記録

いよいよ本番へ

12月16,17,23,24日の4日間、茅場町のギャラリーマキをお借りして最初の公演を行います。
THE LONG GOOD-BYE

a0237286_0402560.jpg


今日は最後の稽古を実施しました。
ちょっと挑戦で、主演のジョー役をダブルキャストにしています。
一人は星奈美さん。この版は主人公のジョーを女性に変えて構成します。彼女とは10年来の芝居仲間ですが、人生のステージにおいてまさに今、ジョーの台詞をぜひ語ってほしい人でした。稽古も充実しており、fun to watch な演技をご覧に入れられると思います。(12/16,17のすべて、 12/23,24の夜の公演)

もう一人は、川上啓君。新人さんで、脚本をとても気に入って公演に参加してくれました。彼には原作のジョーに近い年齢から見えている経験の中で、思い切って実感をぶつけてほしいと思っています。(12/23と24の昼の公演)

他にも役に似合う役者がそろってくれて、私は彼らの体験談に助けられながら作品を編集している気持ちがします。そして佐野彰彦さんが生演奏してくださる音楽もあります。「キオクノオト」という名称で懐かしい音を探ってきた佐野さんの優しい音色が、テネシーの"Memory Play" にしっとりしみ込んでいきます。

ミニマムな環境下の上演となりますが、クリスマスらしい優しい作品に仕上がることを、あとは祈るばかりです!
ご都合の合う方はぜひ見にいらしてください。
# by tnexpress | 2011-12-12 01:08 | ワークショップ記録